記事一覧

純正チャンバー補修

ファイル 38-1.jpgファイル 38-2.jpgファイル 38-3.jpg

NSRのチャンバーですが、どうも純正の方が早く走れるような気がして一旦戻すことにしました。
ドックファイトと違って音も平和だし♪
ドックファイトのチャンバーはいくらサイレンサーで頑張っても本体が薄いので、そこから音がしちゃってどうしようもねぇ…
NSRの純正チャンバーもサイレンサーはスーパーモンキーのやつに変えてありますが、全然許容範囲内。
純正チャンバーを付けるにあたって、フレームとの接続のナット部分が死んでいたので補修。
ナットは実際には違うんですが、チャンバーの内側にあるような状態なので、一度表面の鉄板を切り開いて、新しいナットを入れて再度溶接。
最近頼まれて溶接とかもやり始めたので、100Vの家庭用溶接機でもかなりうまく付けれるようになってきました♪
チャンバーの中身も一応洗浄。
今回は試しにカーボン落とし用の粉末の謎の粉を使ってみたんですが、効果はイマイチ。
やっぱ灯油入れてシェイクした後に、そのまま着火して中で燃やすのがいい感じ。
排水溝掃除用のパイプユニッシュなんかも評判いいので、次回は試してみたいところ。

純正のチャンバーに戻して走ってみましたが、やっぱ中低速は純正の方が断然にあって乗りやすい♪
たぶんFZRよりも快適。
あと簡単にフロントが浮くようになって、ちょっと感動。
当分は純正チャンバーで行く予定です。
純正は膨張室がフレームの下にくるから、コケてもダメージがなくていいし♪

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「おでん屋コーナー」と入力してください。(スパム対策。)