記事一覧

タイヤとフォーク

ファイル 26-1.jpgファイル 26-2.jpg

タイヤはミシュラン新型のパイロットロード2です。
触った感じ、かなりやわらかくて驚きました。
なんかしっかりと暖めなくてもかなりグリップするようなことを聞いていたのですが、これならよさそうです。
かなり減りも早そうですが(笑

後輪だけ装着してみました。
もうカッコよすぎ♪
純正にないカラーってのも限定車っぽくて素敵。
苦労して塗装した甲斐がありました。
ただ、交換しててチェーンの錆っぷりに驚きました。
せっかくホイールが綺麗になったのにチェーンが錆錆じゃあ…
あとマフラーも変えてほしいなぁ…
SP忠男のスーパーコンバットが好きです。

フォークのオーバーホールもやりました。
メタル類はまだ無事でしたが、すべて新品に交換。
オイルは腐ってた上に量が少なかったです…
腐ったフォークオイルの匂いは異常…
最初減衰の調節がついていたのでカートリッジタイプかと思ったのですが、実はカートリッジモドキで、オリフィスの穴を半円状の棒で塞いで調節できるようになっていました。
単純な構造ですが、とてもよくできているなぁと思いました。
まぁ、TRXのフロントフォークはあまり評判よくないので、実際は微妙なのかもしれませんが…

今回はその減衰調節用の機構のせいでかなり分解にてこずりました…
ヤマハ車はシートパイプを固定しているフォーク下部のネジを外す時、シートパイプの供回り防止に、専用のSSTを使って固定するのですが、普通のシートパイプと違ったために手持ちのSSTが使えませんでした…
本来丸く穴が空いている場所が半円になっていたために、シートパイプが固定できませんでした…
後で見てみるとシートパイプに変な溝が彫ってあったので、専用のSSTがある模様。
持ち主でもないのにそんな物買ってられないので、鉄パイプで代用してなんとか分解しました。
尋常じゃなく苦戦して、1本分解するのに1時間以上かかりました…
次バラすようなことがあったらたぶん工具買います(笑

フォークは錆が酷かったので、ペーパーでごまかしておきました。
ストローク範囲ではないのでおそらく大丈夫なはず。
新品のシールを入れる時だけ心配でした。
スプリングはFZRと違って等ピッチでした。
長さは測ったところで、使用限界値がわからないのでスルー。
オイルはヤマハ純正の10番を油面1cmアップで入れました。
手で押した感じ、かなりしっかりとしました。

組み込む時もシートパイプの固定で苦戦して尋常じゃなく時間かかりました…
結局フォークのオーバーホールに4時間くらい掛かったような気がする…
本当は今日中にタイヤまで付けて、時間があまればエアクリも交換しようと思っていたのに、まったくできませんでした…
SSTさえありゃ2時間あれば終わっただろうに…
明日も雨っぽいので、今日はここまで~

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「おでん屋コーナー」と入力してください。(スパム対策。)